HOME | ブログ | 2017_01_19

2017年01月19日

美しさを保つ食事法

 

 


 

皆さん1日に何回食事を摂られますか?

 

日本では13回の食事が一般的で、「健康のためには1日に3食きっちりと食べないといけない!」という概念が強く浸透しています。しかし、過食に伴う肥満や生活習慣病が叫ばれる昨今、それは現代人にとって本当に正しいのでしょうか?

 

13食になったのは戦後に外来の食べ物が多く取り入れられた以降の習慣で、つい最近の話なのです。江戸時代までは、12食で生活するのが一般的だったと言われています。12食の生活は摂取量が減るためダイエット効果はもちろんですが、最近の研究でアンチエイジングにも影響することが明らかになっています。

 

つまり「空腹感=アンチエイジング」 なのです!

 

ヒトは誰もが老化のスピードをコントロールする長寿遺伝子を持っており、いつまでも若々しいヒトは長寿遺伝子が活性に働いていると言われています。長寿遺伝子は普段はスイッチがオフになっており、空腹状態にてスイッチがオンになります。つまり「空腹感=アンチエイジング」 なのです!

若々しく美しいボディーを保つには空腹感が必要であり、 1 2 食の生活は健康と美に大切なことなのです。 空腹感を感じているときは、美しくなる第一歩!ダイエットを考えている方は1日2食の生活をチャレンジしてみませんか?

 


ダイエット アンチエイジング 長寿遺伝子
                          ページトップへ

2017年01月19日

美しさを保つ食事法

続きを読む